mizugi2.bmpmizugi9.bmpmizugi8.bmpmizugi6.bmp

石川梨花「ドラリオン」成功祈願

石川梨花がドラリオンセレモニーに参加する。

エンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のパフォーマンス「ダイハツ ドラリオン」名古屋公演開幕に向けて10月30日、ささしまライブ駅前で特設テント会場内「名古屋・新ビックトップ」で成功祈願セレモニーが開催した。

dorarion.bmp

 豊国神社の神主を招いて行われたドラリオンのセレモニーには、主催者、関係者のほか「ダイハツ ドラリオン」のスペシャルサポーターである「音楽ガッタス」のメンバーの石川梨花吉澤、吉澤ひとみ、里田まい、是永美記らが参加し、それぞれ祭壇に玉串を奉納した。

 名古屋公演開幕について、スペシャルサポーターのメンバーは、「『ドラリオン』という架空の動物が、本番ではどのように出てくるのか気になる」、「人間が生み出すパワーや、ストーリー性のあるパフォーマンスにすごく期待している。本番を見て感動して帰りたい」、「『ドラリオン』の練習を見たとき、演目の目玉でもある『トランポリン』は特に迫力があった。本番ではどんなものになるのか早く見てみたい」、「衣装を見せてもらったとき、とても色鮮やかで感動したので、本番が楽しみ」と、それぞれ期待を寄せるコメントをしアピール。
特に石川梨花は目を輝かしていた。

 この日の夜に行われた公開リハーサルには、関係者や招待客2,500人が訪れた。

リハーサルでは12のステージが披露され、トランポリンを使用してジャンプや宙返りなどの豪快なアクションをしたり、垂直の壁を上下左右に移動するロッククライミングや、少さい女の子が長いステッキの上で、片手でバランスを取りながら倒立する「シングル・ハンドバランシング」、縦に重ねたフープを男性アーティストが次々とくぐりぬける「フープ・ダイビング」など、高度な技を用いたパフォーマンスの連続に、会場からは感嘆の声が上がり、大きな拍手と歓声が沸きあがった。

 「ダイハツ ドラリオン」は、今年2月の東京公演から始まり、名古屋は仙台、大阪に次ぐ4カ所目の公演。東京公演では、これまでの「シルク・ドゥ・ソレイユ」日本公演のうち過去最高となる動員数35万人、仙台は17万人、大阪は29万1,000人の動員数を記録し、各地で話題を集めており日本中を虜にしている。

石川梨華の画像見る?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67374252
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。